お問い合わせ > よくあるご質問 > 通行料金 > 車種区分 > 高速道路料金の車種区分を知りたい。

高速道路料金の車種区分を知りたい。

車種区分は次のとおりです。なお、詳しいことは、車検証をお手元にご用意いただいた上で、NEXCO中日本お客さまセンターまたは最寄りの高速道路の料金所でお尋ねください。

車種区分

自動車の種類

代表的な車種番号等

軽自動車等

軽自動車画像

  • 軽自動車
  • 二輪自動車(側車付きを含む)
  • 軽貨物自動車(例:4ナンバーの車両)
  • 軽乗用自動車(例:5ナンバーの車両)
    【いわゆる黒ナンバーの営業車も含みます】

普通車

普通車画像

  • 小型自動車
    (二輪自動車及び側車付き二輪自動車を除く)
  • 普通乗用自動車
  • トレーラ(けん引軽自動車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両)
  • 小型貨物自動車(例:4ナンバーの車両)
  • 小型乗用自動車(例:5または7ナンバーの車両
  • 普通乗用自動車(例:3ナンバーの車両)【いわゆる緑ナンバーの営業車も含みます】

中型車

中型車画像

  • 普通貨物自動車(車両総重量8t未満かつ最大積載量5t未満で3車軸以下のもの及び被けん引自動車を連結していないセミトレーラ用トラクターで2車軸のもの)
  • マイクロバス(乗車定員11人以上29人以下で車両総重量8t未満のもの)
  • トレーラ(けん引軽自動車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両及びけん引普通車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両)

普通貨物自動車(例:1ナンバーの車両)

大型車

大型車画像

  • 普通貨物自動車(車両総重量8t以上又は最大積載量5t以上で3車軸以下、及び車両総重量25t以下(ただし、最遠軸距5.5m未満又は車長9m未満のものについては20t以下、最遠軸距5.5m以上7m未満で車長が9m以上のもの及び最遠軸距が7m以上で車長9m以上11m未満のものについては22t以下)かつ4車軸)
  • バス(乗車定員30人以上又は車両総重量8t以上の路線バス、及び車両総重量8t以上で乗車定員29人以下かつ車長9m未満のもの
  • トレーラ(けん引普通車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両、けん引中型車と被けん引自動車(1車軸)との連結車両及びけん引大型車(2車軸)と被けん引自動車(1車軸)との連結車両)
  • 普通貨物自動車(例:1ナンバーの車両)
  • 路線バス(例:2ナンバーの車両)

特大車

特大車画像

  • 普通貨物自動車(4車軸以上で、大型車に区分される普通貨物自動車以外のもの)
  • トレーラ(けん引中型車と被けん引自動車(2車軸以上)との連結車両、けん引大型車と被けん引自動車との連結車両で車軸数の合計が4車軸以上のもの及び特大車がけん引する連結車両)
  • 大型特殊自動車
  • バス(乗車定員30人以上のもの、または車両総重量8t以上で車長9m以上のもの(いずれも路線バスを除く)

普通貨物自動車(例:1ナンバーの車両)

上記のとおり自動車の種類(形状、規格、乗用・貨物タイプ等)に応じて料金所では車種の判別を行っていますが、特殊用途自動車(8ナンバー)など車種判別の難しい車両もあることから、場合によっては車検証の提示をお願いすることがございます。

仮ナンバーの車種区分については、こちら(PDF:40KB)をご覧ください。
※「仮ナンバー」とは、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標及び臨時運転番号標の総称です。

・連結車両の場合は、被けん引車が仮ナンバーを付けていても、通常の連結車両と同じ取り扱いとなります。

・ナンバープレートを破損や紛失したために仮ナンバーを取り付けている等の特殊な例を除き、仮ナンバー車については、ETCのご利用ができません。

※ETC車載器のセットアップ情報には、ナンバープレート情報が含まれていますので、ナンバープレート情報のない車両がETCを利用することは、ETCシステム利用規定に反することになります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。